ビットコインとアルトコインの違いは?アルトコインの種類や成り立ち・乱立する理由【Level4】

bitcoin-sagi
『仮想通貨初心者講座』Level3では主要通貨のビットコインについて説明しました。

Level4ではビットコイン以外の仮想通貨『アルトコイン』について書いていきます。

 

アルトコインとビットコインの違い!アルトコインとは?なぜ必要?

アルトコインは前述の通り、ビットコイン以外の全ての仮想通貨を指します。

仮想通貨(ビットコイン)を得るために、マイニング(採掘)が行われてきました。

マイニングの仕組みについて簡単に説明すると、ビットコインはみんなで共有する1つの大きな取引台帳に記載をする仕組みで、これを追記していく作業が必要です。しかしこの追記作業は膨大な計算処理が必要なため、これを手伝ってくれる有志の人に、そのお礼としてビットコインが支払われます。

ビットコイン全体が健全に運用されるように頑張ってくれた報酬ですね。

しかし、取引が増えていくほどにマイニングの難易度が上がるため、
「新しく仮想通貨を作る試みが活発になってきた」という背景があります。

 

アルトコインの種類について

ビットコイン以降に作られた仮想通貨の多くが値上がりして価値が高くなっているため、
「新たな仮想通貨を作って早く手を入れれば、恩恵をたくさん得られるのでは?」と考えられ始めます。

それによって、沢山のアルトコインが作られるようになりました。

でに1000通貨を超えている』とも言われます。
確認できているだけでも800は確実に存在します。(2017年5月段階)

マイナー仮想通貨
ここまでくるとわかるのは、存在意義の少ない通貨や信頼されない通貨は
値上がりをしないどころか、無価値になる可能性があるということです。

通貨が成り立つには「信頼と需要(実際に取引に使われる)」の2つが不可欠なため、
ただ作られただけの通貨には値がほとんどつかずに終わってしまうでしょう。


 

アルトコインが乱立する理由


ビットコインはネット上の仮想通貨として2009年に誕生し、ほぼ無価値だったものが、
2017年となっては1BTC=約30万円という金額にまで跳ね上がりました。

一説に、開発者は約1100億円規模の資産を保有していると言われています。

こうなると、先行者利益を狙って新たな仮想通貨を生み出すことが、
ビッグビジネスになりうるということが周知となり、
第2のビットコインを狙って次から次へと開発が進んでいます。

仮想通貨を作る上でのブログラムは、ビットコイン開発者の中本氏の論文により完全にオープンにされているので、
論文を読んでプログラムを見ればどのような作りになっているのか一目瞭然なので、
初期段階で大変な思いをすることなく、アルトコインを開発できてしまうというわけです。

 

最初に作られたアルトコインは?


litecoin
最初に作られたアルトコインは「ライトコイン(Litecoin)」です。

ライトコインはビットコインに対するユーザーへの不満などを改善していくことで、
ビットコインとは違った独自性を持ち、存在価値を高めることに成功しています。

2017年1月時点で1LTC=4ドルだったのが、2017年5月には30ドルと、8倍以上になっています。
今後も値上がりを続ける可能性が高い、仮想通貨の一つと言えるでしょう。

 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

代表的なアルトコイン


前述のライトコインを始め、以下が代表的なアルトコインの一部です。

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)
  • Monero(モネロ)
  • Dash(ダッシュ)
  • Dogecoin(ドージコイン)
  • Stellar Lumens(ステラ ルーメン)
  • Golem(ゴーレム)
  • MONA(モナーコイン)

モナーコインは日本発祥で2chの関連通貨です。
中でも、以下のコインは個人的にも注目しているコインです。

 

注目すべきアルトコイン

  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ripple(リップル)
  • NEM(ネム)

ripple
今はビットコインを始め、アルトコインが軒並み上昇しているため、
どれを買っても得をしてしまうようなレベルです。

とはいえ、何度も言っていることにはなりますが、
余剰金(なくなっても納得できるお金)で買うようにしましょう。

 

サクッとですが、仮想通貨を一通り説明しましたので、ここから本格的に購入手順へと進んでいきます。
 

次のページへ

過去のページ

2018年2月のオススメ取引所

すでに仮想通貨を始めている人も多いと思いますが、Zaifへの登録は済んでますか?

ZaifはCoincheckbitFlyerと並んで国内取引所では3本の指に入る取引所です。(上記3つは大きく稼ぐなら必ず登録しておきたい)

中でもZaifは今、注目度が急上昇しております。

2017年10月にはCOMSAという国内最注目のICOに関わっていることから、Zaifトークンという独自株も爆上げ(2週間で25倍!)。12月にはそのCOMSAも4倍以上になってます。

せっかく仮想通貨投資に参加しているのに、まだ思うように稼げていない方もいるかもしれません。

それでも、未来を予測してどんどん行動していくと大きく稼げる可能性が高まりますよ。




仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1となった取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。