【仮想通貨】FSCC(フィスコ)トークンの暴騰理由は?使い道と今後のチャート予測まとめ

どうも、@SHINです。

国内取引所の「Zaif」で取り扱われている、FSCC(フィスココイン・トークン)が暴騰しております!

というわけで、今回はこちらの理由や使い道などを記事にしてまいります。

 

FSCC(フィスココイン)とは?購入はどこでできる?

fscc
ブロックチェーン技術を活用して作られた、株式会社フィスコの専用トークンです。

株式会社フィスコはJASDAQにも上場しており、直近では2017年5月に一部株主に「フィスコ(FSCC)、カイカコイン(CICC)、ネクスコイン(NCXC)」の3つのトークンを配布しているようですね!

 

CICC、NCXCはどちらもフィスコグループのコインということになります。
コイン上限枚数は5000万枚で、市場流通枚数は1100万枚です!(詳細

購入できる場所は暴騰でも説明したように、「Zaif」ですね。

 

FSCC(フィスココイン)の使い道

フィスコの会員制サイト「クラブフィスコ」において、フィスココインと交換できるサービスを用意しているようです。

現在はレポートのみということですが、こちらも今後様々な種類が追加されるようです!

こちらも期待してしまいますね。

 

FSCC(フィスココイン)の暴騰理由と今後のチャート予測

fsccコイン
こちらが2017年12月19日のチャート。

ご覧のように、つい先日まで40円台だったFSCCが、一時は140円台と3倍以上になっております。

暴騰理由については、単純にZaif内で潤沢な資金が回っているというのもあると思いますが、

「18年3月10日より”仮想通貨自動両替機”の取り扱い開始」ということで、このニュースが決め手とも言われてます。

確かに仮想通貨の自動両替機、というのはどんなものか期待してしまいますね。(記事はこちら

私自身は30円台から保有しておりますが、個人的な買い目としては65〜75円くらいを見ております。

100円以上で飛びつくと高値掴みになってしまう可能性もありますので、気をつけながら買い増していこうと思ってます。

とはいえホールドであれば、来年100円台を超える可能性はそれなりにあると考えてます。

(あくまで個人的な意見なので、ご参考までに。)

 

とにかく今はZaif銘柄がアツい!

つい先日は、CICCトークンの暴騰も記事にしたばかりですが、NCXCもどれも暴騰しております。

もちろん同じフィスコグループの関連コインだから連動しているのはありますが、
これらはどれも、Zaifで取り扱われており、Zaifに上場しているコイン・トークンはいずれも全体的に伸びております。

とにかくチャンスを逃したくない方は、国内取引所でも人気TOP3に入る「Zaif」に登録しておくことをオススメします。

 

まとめ

というわけで、今後も目が離せないフィスコグループのFSCCトークン。

2018年はトークンがアツいとも囁かれてますので、ぜひ欠かさずチェックしておきましょう!

この記事で紹介した取引所

Zaif

関連記事

CICC(カイカ)トークンが開花!暴騰の理由は?使い道と今後のチャート予測まとめ

2018年最注目 ビットコインFX取引所

2018年最注目のビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1の取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。