【仮想通貨】TRIG(トリガー)のマスターノードになってAMMOを貰う方法!ウォレット公開はいつ?

TRIGトークン
もともとTRIGトークン(Trigger)は持っているのですが、今回買い増しを決意いたしました。

その理由について少し触れていきます。

スポンサードリンク

TRIGの基本情報

単位:TRIG

公開日:2016年10月

上限枚数:1億枚

スマートガン技術とブロックチェーン技術の融合により、銃社会の安全性を確保する。

 

TRIGを購入できるおすすめ取引所

TRIGを購入できるおすすめ取引所は、Binanceですね。

日本語にも対応しており、とにかく使いやすいです。

 

TRIGを私が購入した理由

購入理由としては、2つあります。

①チャートの形が期待できる

まず1つが長期足チャートの形。

trig
TRIGチャートはこちら

個人的にこういうチャート、ワクワクするんですよね〜。

実際に、最初のヒゲの半値くらいを目指す傾向が結構あるんです。

12/29にバイナンスに上場したばかりで、今後じわじわと値をあげていき、
セオリー通りに行くとしたら利確ポイントは、0.0035000付近に設定したいです。

買ったのが0.0005600付近(1枚約1200円)で、うまく行けば6倍です。

皮算用にならないことを祈ります。笑

 

②マスターノードの存在

マスターノードとは、トークン(TRIG)をウォレットに入れておくだけで、自動で新たなサブトークン(AMMO)がもらえる仕組みのこと。

自動で増えていくインカムゲイン(配当)のような形ですね。

もらえるのは月利25%なので、1500TRIGに対してだと375AMMOですね。
またこのAMMOは、TRIGの25%に固定されるようなので、375×250(1000円の25%)=93750円となります。

ウォレットに1500枚(現在レートで約150万円)TRIGを保有することで、マスターノードを1本立てることができるようです。

2本立てるなら3000枚です。

trig2
というわけで、2018年1月5日に、1500枚購入。

その後さらに追加で1500枚の合計3000枚購入しました。

1枚1000円なので、300万円くらいですね。

 

TRIGのマスターノードになるためのウォレットの公開はいつ?

TRIGのウォレットは2018/3/31に公開されるようです。

それまでは取引所でしっかりと保存しておきましょう!

登録方法についてはまたその時に記事にします。

 

まとめ

12/29にバイナンスに上場したばかりで、2018年はさらに注目を浴びるんじゃないかな〜と思います。

これは個人的にも、少なくとも3月31日直前くらいまでは売らない予定です。

1500枚については、このウォレット公開で盛り上がったピークあたりで利確を考えてます。

その時に、1枚5000〜10000円くらいまで行ってくれると嬉しいのですが!

TRIGを購入できるおすすめ取引所:Binance

2018年2月のオススメ取引所

すでに仮想通貨を始めている人も多いと思いますが、Zaifへの登録は済んでますか?

ZaifはCoincheckbitFlyerと並んで国内取引所では3本の指に入る取引所です。(上記3つは大きく稼ぐなら必ず登録しておきたい)

中でもZaifは今、注目度が急上昇しております。

2017年10月にはCOMSAという国内最注目のICOに関わっていることから、Zaifトークンという独自株も爆上げ(2週間で25倍!)。12月にはそのCOMSAも4倍以上になってます。

せっかく仮想通貨投資に参加しているのに、まだ思うように稼げていない方もいるかもしれません。

それでも、未来を予測してどんどん行動していくと大きく稼げる可能性が高まりますよ。




仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1となった取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。