コインチェック(coincheck)で購入できる全仮想通貨の特徴・単位・発行数まとめ!

コインチェックで購入できるアルトコインの特徴や単位・発行数のまとめです!

大切なあなたのお金を入れるのであれば、少なくともこれらの仮想通貨がどんな通貨であるのか、
最低限は知っておく必要があるとより投資がうまくいく可能性があがりますので、ぜひご覧下さいませ。

(ビットコインも念のため入れておきました。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

coincheckで購入できるコインの特徴・単位・発行数のまとめ!

1.Bitcoin(ビットコイン)

bitcoin
  • ビットコイン取引は、過去から現在に至るまですべて公開されている
  • 銀行のようなシステム管理者がいない
  • 単位:BTC
  • 発行数:2100万枚
 

2.Ethereum(イーサリアム)

etherium
  • 過去の契約をネットワーク上で半永久的に保存可能
  • スマートコントラクト機能で契約内容が自動的に実行
  • 2013年にロシアのプログラマー Vitalik Buterin が発表
  • 単位:ETH
  • 発行数:7200万枚
 

3.Ether Classic(イーサリアムクラシック)

Ethereum Classic
  • イーサリアムの中央集権型ではなく、イーサリアムクラシックは非中央集権型
  • ADAコインの創設者チャールズ・ホスキンソン氏が立ち上げる
  • 単位:ETC
  • 発行数:?枚
 

4.Lisk(リスク)

LISK
  • 分散型アプリケーションプラットフォーム
  • イーサリアムと同じ、分散型アプリケーションプラットフォームを利用
  • 基盤にサイドチェーンを使用しており、性能や処理能力が高い
  • 単位:LSK
  • 発行数:無限(インフレ通貨)
 

5.Factom(ファクトム)

FACTOM
  • 分散型のデータ・セキュリティレイヤー(API)を提供するプロトコル
  • データの公平性を保ち、ビジネスプロセスの改ざんを監査をするブロックチェーン
  • 承認アルゴリズムなどはビットコインに依存
  • 単位:FCT
  • 発行数:無限(インフレ通貨)
 

 

6.Monero(モネロ)

monero
  • エスペラント語で、コインや硬貨という意味
  • Bitcoinよりも匿名性が高い
  • CryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Workを使用
  • Bytecoinのソースコードを使用
  • マイニング(採掘)はCPUで可能で4年で86%を採掘可能
  • 公開日:2014年4月18日
  • 単位:XMR
  • 発行数:1840万枚
 

7.Augur(オーガー)

augur
  • 「賭けを通した集合知による予測を行い、実際の事実を認定する分散型のプロトコル」
  • 胴元がいないギャンブルを目指す。
  • 単位:REP
  • 発行数:1100万枚
 

8.Ripple(リップル)

ripple
  • 仮想通貨同士の仲介用通貨として
  • 単位:XRP
  • 発行数:1000億枚
 

9.Zcash(ジーキャッシュ)

zcash
  • 匿名性に特化した暗号通貨(MoneroやDASHと同じ)
  • ジーキャッシュの場合はさらに取引内容をすべて暗号化し、閲覧権を持った利用者しか見れない
  • ビットコインがインターネットにおける「http」なら、ジーキャッシュは「https」
  • 公開日:2016年10月28日
  • 単位:ZEC
  • 発行数:2100万枚
 

10.NEM(ネム)

nem
  • 元々はNew Economy Movement(新しい経済運動)の略
  • 金銭的な自由や分散化、平等性、新しい経済圏の創出を目標としているコイン
  • PoI (Proof-of-importance)という仕組みを使い電力を極力消費せず、セキュリティを高めることに成功
  • 公開日:2015年3月31日
  • 単位:XEM(ゼム)
  • 発行数:89億枚
 

11.LiteCoin(ライトコイン)

litecoin
  • ビットコインが金なら、ライトコインは銀を目指すという目的で開発
  • 開発者はチャーリー・リー氏
  • 基本的な通貨の仕組みはビットコインと同じ
  • 流通量が多く、採掘や取引も楽になっている
  • ビットコインの決済スピードが10分に対し、ライトコインは約2分
  • 希少性はビットコインよりも低いが、流通や取引に利用しやすい
  • 公開日:2011年10月17日
  • 単位:LTC
  • 発行数:8400万枚
 

12.DASH(ダッシュ)

dash
  • Darksend(ダークセンド)というトランザクション形式を用いて、高い匿名性を実現
  • 元々はDarkcoin(ダークコイン)という名前
  • 単位:DASH
  • 発行数:2200万枚
 

coincheck-12
これらの仮想通貨は全て、コインチェックで購入可能です。

コインチェックは日本国内で最大級の仮想通貨取引所です。取引画面もシンプル見やすいため管理しやすく、初心者であっても安心して使うことができます。

私自身も5つ以上の仮想通貨口座を開設しましたが、コインチェックが一番使いやすく気に入ってます。口座登録自体は5分程度が完了し、購入するための本人確認は免許証を写メで撮影して送信すればOKです。

私もまずは10万円の入金からスタートしましたが、現在はとんでもない額に・・・。現在は仮想通貨バブルとも言われており、30倍近くまで資金が膨れ上がっている人も実際に大勢います。

あなたもお小遣いとして割り切れる金額から、初めてみてはいかがでしょうか?

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
コインチェックで無料口座開設
 
 

2018年2月のオススメ取引所

すでに仮想通貨を始めている人も多いと思いますが、Zaifへの登録は済んでますか?

ZaifはCoincheckbitFlyerと並んで国内取引所では3本の指に入る取引所です。(上記3つは大きく稼ぐなら必ず登録しておきたい)

中でもZaifは今、注目度が急上昇しております。

2017年10月にはCOMSAという国内最注目のICOに関わっていることから、Zaifトークンという独自株も爆上げ(2週間で25倍!)。12月にはそのCOMSAも4倍以上になってます。

せっかく仮想通貨投資に参加しているのに、まだ思うように稼げていない方もいるかもしれません。

それでも、未来を予測してどんどん行動していくと大きく稼げる可能性が高まりますよ。




仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1となった取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。