コムサ(COMSA)の配付日・Zaifへの入金と換金方法・反映スピードまとめ!

今回は、コムサ(COMSA)の配付日・Zaifへの入金方法・反映スピードについて書いていきます。

それではご覧くださいませ。

 

コムサ(COMSA)の配付日は?

comsa0
コムサは、2017年11月30日にCOMSA Token Sale Dashboardにて、受取アドレスへのCMSトークン配布を開始しております。

また、2017年12月4日からはZaifにて取引・売買が可能になっております。


 

コムサ(COMSA)のZaifへの入金方法・オススメトークン

comsa1
コムサ公式HPよりログインし、左タブから「トークン受取」をクリックします。

こちらで「Zaif取引所で送金受取」タブを選択。

ERC20トークン(イムサ)かMosaic(ネムサ)の選択をしましょう。

どちらでもOKですが、11/5時点ではネムサの方が高いのでネムサ(CMS:XEM)がオススメです。
(Zaifで売買価格を確認しておきましょう。)

 

comsa3
Zaifへログインし、「入出金と履歴」のタブから、上記のMosaicロゴをクリックします。(CMS:XEMの場合)

CMS:ETHの場合は、左のERC20トークンロゴをクリック。

こちらの「お客様固有のMOSAIC入金用メッセージ」にある英数字をコピーします。

 

comsa1
このアドレスを先ほどのCOMSAのページで入力し、「設定」をクリックします。

 

comsa4
あとは利用規約などのチェックを全てクリックし、「トークンを受け取る」タブをクリックすればOKです。

 

comsa6
これで受け取り申請は全て完了です!お疲れ様でした。

 

コムサ(COMSA)のZaifへの受取反映スピードは?

こちらは、私の場合は2時間ほどでした。

時間にもよりますが基本的にはビットコインなどの入金スピードと大差なく、
24時間以内には入金されている方が多いようですね。

 

コムサ(COMSA)のチャート・値動きはどこで確認できる?

comsa8
こちらは「Zaif」にて確認できます。

(まだ登録してない方は必ず登録を済ませておきましょう)

 

まとめ

コムサはまだまだ今後、値上がりが期待できるトークンのひとつだと個人的には思います。

目先の動きを気にせず、長期保有してみるのも面白いでしょうね。

それでは記事をお読みいただきありがとうございました!

2019年オススメ ビットコインFX取引所

現在オススメしているビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。