【株】窪田製薬の日足チャートで見る「60MAブレイク」からの4倍急騰パターン

どうも、SINPYです。

日々色々な株を研究していますが、2019年に入り、強烈な上昇を描いている株といえば「窪田製薬」ですね。

200円台の水準から一気に1000円を越えていきました。

 

窪田製薬の日足チャートで見る「60MAブレイク」からの4倍急騰パターン

窪田製薬2
ここまでは横横を形成していますが、この後・・・

 

窪田製薬1
このようになりました。

まさに、お祭り的な推移ですが、この急騰を取るにはどうすれば良かったのでしょうか?

当然、内部的な情報もない状態で、シンプルなテクニカルのみで判断する場合、長期移動平均線(60MA〜)が一つのヒントになり得ます。(紫ラインが60MAです。)

画像の場合、実線で陽線をつけたタイミングですね。

もちろん細かいタイミングやルールはあれど、根幹の根拠はここになります。

ただし、この根拠でエントリーをする場合、複数回に渡る細かい損切りは必須になります。

 

実際に直近のチャートで見ても、60MAを上抜けでエントリー、下抜けで損切りとした場合、
2度の損切りで2~30円前後の損切りとなっています。

しかし、本流に乗ることができるのも、この根拠でエントリーをしたからこそ。
実線で上抜け後も3日間は迷うようなコマを形成していますが、4日目に再度大きく放たれました。

あとはもう、紫ラインを下抜けるまで買いホールドで良いわけです。

 

次の数倍銘柄を掴むために、どうすればいいか?

もちろん、このような大相場を作る銘柄というのは、非常に稀で、上記のルールでトレードした場合、ほとんどが細かい損切りの繰り返しになるでしょう。

そのため、そもそも触る銘柄自体を絞らなければいけません。

ここではあまり細かく書くことはできませんが、テンバーガーを目指す場合、触っていい銘柄にははっきりとした基準があります。

例えば新規上場銘柄(上場5年以内)であったり、チャートが長期的にヨコヨコを形成している銘柄まだ大相場をやっていない低位株などです。

直近で大相場(上昇も下落も)をやっている相場は避けた方が良いでしょう。

また、直近で同じセクターで大きく動いた銘柄があった場合、そのセクターの関連株が暫くの間、盛り上がるというケースも見受けられます。(今回は直近でサンバイオがもの凄い下落相場を作りました。)

ですから、引き続きバイオ・医療関連銘柄などは注目していくのは面白いと思います。

個人的にはシンバイオ、ソレイジアに期待しています・・・。(2019年3月時点)

それでは、またこのような記事も書こうと思います。

2019年オススメ ビットコインFX取引所

現在オススメしているビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。