ザイフ(Zaif)がまたしてもメンテで取引不可!Zaifトークン暴落確定で破綻(GOX)の噂も…!

Zaif 502 Bad Gateway メンテナンス2
※この記事は、仮想通貨(ビットコイン)に関連する記事となります。

仮想通貨取引所のZaifが長期メンテで取引不可能となり、大騒動になっております。

2017年9月30日16時時点では、チャットへの参加とビットコインの取引のみとなっております。

またこのメンテ後は新たな利用規約に同意することがログインの条件となっております。

 

Zaifのメンテナンス時系列まとめ

9/28 22時時点で注文が通りにくい事態が発生。


 

9/29の明け方5時頃にメンテ開始。



 

9/30の朝になっても終わらない、長時間にわたるメンテ。

「資産は安全」との一文。


 

9/30 13時ごろより、ログインが可能に。

ただし、注文はできないまま。



 

Zaifトークンを売りたい人が続出!暴落確定か

zaifメンテ


Zaifトークンはザイフでしか購入できず、ある意味でZaifを応援する方が購入してる側面があります。

ですが今回の長時間メンテや通達の遅さなどに不満を感じるユーザーはかなりたくさんいて、「信頼を裏切られた」と思っていることでしょう。

このことから、取引再開後はZaifトークンが暴落する事態は免れられないと考えるのが自然です。

zaifメンテ2
実際に板を見る限りでは、売りが圧倒的な優勢になってますね。

 

Zaifが経営破綻(GOX)の噂も!


破綻前提の利用規約があったというのは、実はしっかり読み込まないとわからない一文です。

これをこの長期メンテ明け、しかも取引ができない状態で改めて同意させるということは
「経営破綻するときのトラブルや訴訟から逃れるため」と言われても仕方ないですよね。


 

外部から大規模な攻撃をされて、資金を狙われている可能性はありますし、Zaifに非があるかは不明瞭です。

ですから出来ることは、最大限の情報の共有であったり、お客様への姿勢だと思います。

ここに関しては素晴らしい対応とは今回は言えず、信頼を損なってしまう形になっておりのが現状ですね。

経営破綻をする可能性も0ではないため、今後の動きをチェックしていきたいと思います。

 

2019年オススメ ビットコインFX取引所

現在オススメしているビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。