モバトク(MOBATOKU)の「逃げるトックを囲め」を攻略レビュー!広告の誤クリック狙いはうざい?

お小遣いサイト、モバトク(MOBATOKU)の逃げるトックを囲め!を攻略レビューしてみました。

広告はうざいのかどうか?こちらについても書いていきますよ。

モバトクの危険性や悪質・評判についてはこちら

モバトク(MOBATOKU)の「逃げるトックを囲め!」を攻略レビュー

逃げるトックは、以下のように1マスずつ動くトックを囲うゲームです。

モバトク 逃げるドック2
 

トックが端っこまで行くと、逃げられてしまいます。

モバトク 逃げるドック1
 

トックの攻略方法は、ズバリ、最初にトックの周りに壁があるものを選ぶこと。

これは何度も変更できますので自分の有利なようにシフトしましょう。

逃げるトック攻略
 

こんな感じで追い詰めれば、無事トックを包囲することができます。

コツとしてはやはり、端っこに行かないように誘導することですね。

やはり、初期の壁の位置でかなりの部分が決まります。

モバトク 逃げるドック3
 

今回は14ステップでしたが、10ステップちょうどだと特別な報酬があるようです。

モバトク 逃げるドック4
 

それでもスタンプが20個もらえて、ポイントも結構いい感じでたまりました!

また10ステップちょうど目指して頑張ります。

モバトク 逃げるドック6
 



 

モバトク(MOBATOKU)の広告はうざいのか?

モバトク広告うざい
広告は上記のように、1ステップごとに毎回出現します。

しかも×を押さないと消えないため、やはり誤クリックを誘導している感はあります。

これはモッピーなどどこのポイントサイトでも結構同じですが、

もう少し緩和されればいいのにと個人的には思います。

まぁ、こういう広告がないとポイントサイトは利益を上げていけないので、

ある程度は仕方ない部分はあるんですがね・・・。

人によってはかなりうざいと感じても仕方ない部分ではあります。

画面の中央に表示されては、広告を消さないと次に進めないですからね。笑

 

モバトク



 

モバトクの危険性や悪質・評判についてはこちら

2018年2月のオススメ取引所

すでに仮想通貨を始めている人も多いと思いますが、Zaifへの登録は済んでますか?

ZaifはCoincheckbitFlyerと並んで国内取引所では3本の指に入る取引所です。(上記3つは大きく稼ぐなら必ず登録しておきたい)

中でもZaifは今、注目度が急上昇しております。

2017年10月にはCOMSAという国内最注目のICOに関わっていることから、Zaifトークンという独自株も爆上げ(2週間で25倍!)。12月にはそのCOMSAも4倍以上になってます。

せっかく仮想通貨投資に参加しているのに、まだ思うように稼げていない方もいるかもしれません。

それでも、未来を予測してどんどん行動していくと大きく稼げる可能性が高まりますよ。




仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1となった取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。