写真を売って稼ぐ方法・カメラマンや写真家として生きる秘訣

写真で稼ぐ
写真はさまざまな無料サイトで配布されていますね。

無料のものでもクオリティが非常に高く、ましてや「有料で写真を売って稼ぐなんて難しいのでは?」と思ってしまいます。

ですが、特定のニーズに応えることで写真を売って稼ぐことができますので詳しく書いていきます。

写真を売って稼ぐのに使うサイト

使うのは以下の3つのサイトがおすすめです。

PIXTA(ピクスタ)
fotolia(フォトリア)
photolibrary(フォトライブラリー)

各サイト比較はこちら
名称 単価 素材数 特徴
Fotolia(フォトリア) 約200円〜 5000万〜 外人の写真多め
フォトライブラリー 約500円〜 300万〜 無料写真15万点
素材辞典.NET 約300円〜 10万〜 料理写真多め
PIXTA(ピクスタ) 約1000円〜 1800万〜 写真・イラスト・動画

なぜ写真で稼げるのか?

たとえば上記のサイトに一度写真を登録しておくと、自分の写真がダウンロードや購入されるたびにまるで自動販売機のように、自動で永久的に稼げます。

これはかなり理想的な手段ですね。

ただし、そのためには膨大な写真の数であったり、人と違った視点のおもしろい写真が必須です。

インセンティブに関しては、ピクスタであれば1枚500円〜5000円程度で売れた金額の40%〜60%ほどの報酬があなたに入ります。

写真で稼ぐコツ

写真で稼ぐには、企業を相手にしたり、オリジナリティ溢れる写真を撮ることがポイントになります。

実際に、写真を売って稼ぐというのは、かなり厳しい世界です。

ですので、「あなたにしか撮れない」というものが特に重要になってきますね。

他の人に絶対真似できないようなマニアック・ニッチな写真をとりましょう。

おすすめのジャンル

  • ビジネス・企業用素材
  • WEB・アフィリエイター用素材
  • 人物素材
  • ペット素材
  • メッセージ性が強い写真
  • 簡単に立ち入れない場所の写真
  • 撮影技術の高い写真(ぼかし・スペースなど)

登録の審査は厳しいの?

一般的なアフィリエイトやクリエイター登録と比べると、かなり厳しめです。

著作権、肖像権が絡むので当然といえばそうなのですが、お金を払う価値があるかどうか?がひとつの基準になりますね。

この辺はLINEスタンプなども同じことがいえますね。

まとめ

それでも写真が好きな方で、お小遣い稼ぎとして月1万円や、副業として月10万円以上、フリーランス、専業として月30万円以上、月100万円以上とどのレベルの稼ぎでも本人次第で可能なのが魅力です。

とにかくまずは数を打つしかありません。どんな写真がいいのか、現状の自分の写真はどうなのか。

「人は自分のこの渾身作を、どう判断するのか?」

これらは写真家に限らずアーティストやどんなクリエイターにも大事な視点なので、めげずにトライ&エラーをして成長していきましょう!

2018年最注目 ビットコインFX取引所

2018年最注目のビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1の取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。