音楽でメシを喰う!作詞・作曲で稼ぐ方法・印税の4つの仕組み

作詞作曲で稼ぐ
こちらでは、作詞・作曲で稼ぐ方法について書いていきます。

その前に印税についてサクっと知識を深めておきましょう!

 

印税の4つの仕組み

 

1.アーティスト印税

アーティスト印税は、グループなどに所属している人に入る印税です。

CDやグッズなどの売り上げの約1〜5パーセントをメンバーの数で分配します。

ベテランになるほどパーセンテージも上がっていく傾向にあります。

 

2.著作権印税(著作権使用料)

音楽出版社(50%)・作詞者(25%)・作曲者(25%)が一般的な区分です。

また、そのうちの6%がJASRACに支払われます。

 

3.カラオケ印税

カラオケで1回歌われるたびに約2円ほどが作詞・作曲者に入ります。

作詞・作曲者が別の場合は50%ずつが一般的ですね。

仮に1日に平均で10000回その曲が歌われるとしたら、1日に入ってくる金額は20000円です。
全国レベルで考えれば、カラオケランキング上位に入ってる曲なら全然、現実的な数字です!

 

4.楽曲・PV配信印税

代表的なのは、iTune・Youtubeなどですね。

youtubeでしたら、仮に100万再生される曲をあげたとすれば、1PV=0.1円と仮定すると10万円です。
(2017年現在のYoutube1PV単価は少し下がって、0.05円前後と言われています。)

100万再生される動画が作れるのであれば、ライブ集客やグッズなどでも稼いでいくことができますね。

 

iTunesで配信するには、Tunecore Japanなどを経由します。

こちらはシングル曲の場合、1年間1410円を利用料として支払う必要がありますが、なんと利益率100%で売ることができます。

1曲150円で売った場合、1000回ダウンロードされれば150000-1410円=148590円が利益となる計算になりますね。

これはかなり魅力的です!

 

作詞作曲で稼ぐ方法

作詞・作曲で稼ぐ方法ですが、

一般的には、自らバンドを組み、作詞・作曲した曲をCDや配信曲として売り出すのが王道です。

しかしバンドを組む方法が全てではありません。

 

ネットでの活動に絞るのであれば、ボカロ曲などを作っている人は、
それが売れればカラオケとなって印税などが稼げます。

(とはいえボカロ曲を作る方はマルチプレイヤーが多いので、作曲する人は作詞もするケースが多いです。)

仮に作詞だけ募集するにしても、コンペ形式などで初心者は見向きもされないケースが残念ながら多いですね。

 

ですから、自分がバンドに所属せずに作詞・作曲で稼ぐ場合、
まずは「人脈作り」や「実績作り」をしていく必要がありますね。

もしもバンドマンなどに知り合いがいて、自らの詩や曲を提供できるのであれば、
楽曲が売れることで印税をもらえます。

(必ず提供する段階で、印税の取り決めはしましょう!)

 

また、事務所に入ったり、自分自身を売ってから作詞や作曲をやることで付加価値がつき、
結果として売れるケースもよくあります。

とにかく自分で歌わない場合は、「人に歌っていただく」ということは避けて通れませんから、
人との繋がりは非常に大事になります。

自分自身が魅力的で、コンテンツとしての作曲や作詞も素晴らしければ、喜んで歌ってもらえるでしょう。

 

まとめ

そもそも作詞作曲は、圧倒的に数をこなしていくしかありません。
そこは大前提です!(姿勢として重要)

確かにいいものは一発で売れますが、運や売り方や、おもしろさ、PVなどの付加要素も非常に大事です。

「たとえ売れなくても好きだから、一生続ける。」

人を感動させる仕事ですから、それくらいの使命や覚悟を持って、作詞作曲と向き合っていくのが良さそうです。

 

▼コラボやコンペ・オーディション情報
 

今はすごい時代で、ネットのアウトソーシングサービスを使って
作詞や作曲・編曲ができず困ってる人に自分の特技を売ることができます。

その代表的なサービスが、
モノを売らないフリーマーケット【ココナラ】です。

ココナラであれば「作詞手伝います」とか「仮歌録ります」といった
サービスを気軽に自分1人で販売することができ、
そこに需要があるため、実際に売れていきます。

『ありがとうございます、助かりました!』と言ってもらえて
お金も稼げるので、非常に魅力的なサービスですね。

ココナラに無料登録して自分の特技を販売する

 

2018年最注目 ビットコインFX取引所

2018年最注目のビットコインFX取引所が「BITMEX」です。

日本語完全対応・レバ最大100倍・サーバー超安定・追証なし・アルトコインFX対応。

海外取引所ではありますが、その安全性は他のFX取引所とは比較にならない程高いです。bitFlyerと比較してみても、同じ板トレードで日本語対応であれば、使いやすさはほとんど変わらないのかなと。

いざという時にしっかりとユーザーを守ってくれる体制が整ってる取引所を使うのは当然のことです。

以下から登録で手数料が6ヶ月間 10%OFFとなります。

bitmex00
BitMEXへ無料登録

仮想通貨を最も安全に保管する方法

コインチェックのXEM盗難事件により、取引所に資金を置いておく危険性が改めて認知されました。

仮想通貨はご自身で資産を管理する時代になってきています。

仮想通貨を安全に保管するのであれば、暗号通貨ハードウォレットへの保管が一番です!

 レッジャーナノ」が最もオススメですが、偽物が出回っているケースもありそこから盗まれる可能性もあるため、公式からの購入を強くオススメします。

発売以来、売り切れ状態が当たり前になってますが、現在2月入荷予約を受け付けているようなので是非購入しておくとよいでしょう。

Amazonでも販売されていますが、購入する場合は必ず販売元を確認してから購入するようにしましょう。


海外取引所で人気NO.1の取引所

仮想通貨の世界は日々情報戦が繰り広げられており、主要なコインはすでに大きな注目を浴びて値を上げてしまってます。

その中で安い新興コインを中心に取り扱っており、今後値上がりが期待されるコインを多く取り扱っているのが、「Binance」です。

こちらは海外の取引所ながら日本語対応で、登録や使い方もシンプルで簡単。2018年に主役になるであろう取引所ですね。

一番美味しい思いをしているのは"真っ先に行動した人"です。ですので、ビビッときた人はこちらでコインを購入してみるとチャンスが増えるかもしれません。

finance
バイナンスへ無料登録

ABOUTこの記事をかいた人

2017年5月頃から仮想通貨に激ハマり。一時は億り人となるも、ビットコインFXで一撃マイナス1600万追証。平成2年生の27歳男、大阪育ち→新宿BAR→バンドマン→個人事業主。美容系男子、焼肉と麻雀と旅行が好き。