音楽でメシを喰う!作詞・作曲で稼ぐ方法・印税の4つの仕組み

作詞作曲で稼ぐ
こちらでは、作詞・作曲で稼ぐ方法について書いていきます。

その前に印税についてサクっと知識を深めておきましょう!

印税の4つの仕組み

1.アーティスト印税

アーティスト印税は、グループなどに所属している人に入る印税です。

CDやグッズなどの売り上げの約1〜5パーセントをメンバーの数で分配します。
ベテランになるほどパーセンテージも上がっていく傾向にあるようですね。

2.著作権印税(著作権使用料)

音楽出版社(50%)・作詞者(25%)・作曲者(25%)が一般的な区分です。

また、そのうちの6%がJASRACに支払われます。

3.カラオケ印税

カラオケで1回歌われるたびに約2円ほどが作詞・作曲者に入ります。

作詞・作曲者が別の場合は50%ずつが一般的ですね。

仮に1日に平均で10000回その曲が歌われるとしたら、1日に入ってくる金額は20000円です。
全国レベルで考えれば、カラオケランキング上位に入ってる曲なら全然、現実的な数字です!

4.楽曲・PV配信印税

代表的なのは、iTune・Youtubeなどですね。

youtubeでしたら、仮に100万再生される曲をあげたとすれば、1PV=0.1円と仮定すると10万円です。(2016年現在のYoutube1PV単価は少し下がって、0.05円前後と言われています。)

まぁ、ここは正直おまけ程度でしょうか。



iTunesで配信するには、Tunecore Japanなどを経由します。

こちらはシングル曲の場合、1年間1410円を利用料として支払う必要がありますが、なんと利益率100%で売ることができます。

1曲150円で売った場合、1000回ダウンロードされれば150000-1410円=148590円が利益となる計算になりますね。

これはかなり魅力的です!

作詞作曲で稼ぐ方法

作詞・作曲で稼ぐ方法ですが、

一般的には、自らバンドを組み、作詞・作曲した曲をCDや配信曲として売り出すのが王道です。

しかしバンドを組む方法が全てではありません。



ネットでの活動に絞るのであれば、ボカロ曲などを作っている人は、それが売れればカラオケとなって印税などが稼げます。(とはいえボカロ曲を作る方はマルチプレイヤーが多いですから、作曲する人は作詞もするケースが多いです。)

仮に作詞だけ募集するにしても、コンペ形式などで初心者は見向きもされないケースが残念ながら多いですね。



ですから、自分がバンドに所属せずに作詞・作曲で稼ぐ場合、まずは「人脈作り」や「実績作り」をしていく必要がありますね。

もしもバンドマンなどに知り合いがいて、自らの詩や曲を提供できるのであれば、それが売れることで印税をもらえます。(必ず提供する段階で、印税の取り決めはしましょう!)

また、事務所に入ったり、自分自身を売ってから作詞や作曲をやることで付加価値がつき、結果として売れるケースもよくあります。

とにかく自分で歌わない場合は、「人に歌っていただく」ということは避けて通れませんから、人との繋がりは非常に大事になります。

自分自身が魅力的で、コンテンツとしての作曲や作詞も素晴らしければ、それは必ず喜んで歌ってもらえるでしょう。


まとめ

そもそも作詞作曲は、圧倒的に数をこなしていくしかありません。
そこは大前提です!(姿勢として重要)

確かにいいものは一発で売れますが、運や売り方や、おもしろさ、PVなどの付加要素も非常に大事です。

「たとえ売れなくても好きだから、一生続ける。」

人を感動させる仕事ですから、それくらいの使命や覚悟を持って、作詞作曲と向き合っていくのが良さそうですね。



▼コラボやコンペ・オーディション情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク